知的財産メールマガジン

 

本メールは、
セリオ国際特許商標事務所の『知的財産メールマガジン』に
ご登録いただいている方へ配信しております。

 

=============================================

第6回 知財情報のランドスケープ

=============================================

 

いつも、弊所ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
第6回は、新サービスの紹介と商標に関するレポートをお届けします。

 

 

━━ 新サービス『知財情報のランドスケープ』 ━━━━━━━━━━━━━

 

『知財情報のランドスケープ』とは、
知財情報の有する技術及び法的情報とマーケット情報に基づいて
企業の市場ポジションを将来に亘って俯瞰することによって、
企業の経営・事業戦略に貢献する情報分析手法です。

弊所では、ランドスケープ分析を含む過去300件以上もの調査実績をもとに、
弁理士・知財アナリスト・企業出身技術者からなる調査集団が、
貴社の進むべき方向性を明確化していきます。

各種分析や調査の詳細、図や表を用いた具体例はコチラ
http://www.serio-pat.com/service/landscape/

 

 

 

━━ レポート ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

経営者、企業の商標担当者、弁理士を対象とした
ビジネス変化に伴う商標上の留意点をお届け致します。

 

Q:自社のビジネスが変化するなかで、
商標権の確保が追い付いていないと感じています。
商標上の留意すべき点につき簡単に教えてください。

 

A:自社のビジネスが変化している場合の
商標上の主な留意点につき下記します。

 

1.自社のビジネス状況、及び保有商標の把握と見直し

 商標はビジネスと...

 

続きはコチラ→ http://www.serio-pat.com/wp/?p=2131

 

 

 

━━ バックナンバー ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

弁理士、知財担当者を対象とした
特許侵害鑑定を行う際の留意点について
弊所弁理士 谷川正芳によるレポートです。

 

Q:顧客(又は自社の開発部門)から、
現在開発中の新製品Aが他社の日本特許Xを
侵害するかどうかの見解(特許侵害鑑定)を求められました。
その際の留意点を教えてください。

 

A:特許侵害鑑定を行う際の留意点を場面ごとに下記します。
特に、鑑定前の事前確認と鑑定後のフォローが重要です。

 

1.鑑定前

 好ましくない例は...

 

続きはコチラ→ http://www.serio-pat.com/wp/?p=1986